MENU

コラーゲンで自然治癒力を高める!

コラーゲン

コラーゲンは自然治癒力を高めるためにも必要なタンパク質の一種です。
たとえば、軽いケガや傷ができたとき、自然治癒力の働きで自然と治していくことができます。この治す力を高める成分として、コラーゲンがあります。

 

コラーゲンはさまざまな組織を育てる役割があるので十分に備わっていると、コラーゲンの代謝も良くなり、傷などが治りやすくなります。
同時に、コラーゲンを破壊する紫外線を防ぐ対策を行うこともポイントです。
また、基本の生活習慣を改善することも自然治癒力を高めるためには大切です。
バランスよく栄養を摂る食生活を心掛けて、十分に睡眠をとりましょう。

 

コラーゲンで自然治癒力を高める!

 

ひとつ気を付けたいのが、コラーゲンを補えば補うほど、自然治癒力が高くなるわけではないというところです。
コラーゲンの新陳代謝が良いことが、自然治癒力を高めるポイントになるので、毎日こまめに摂りながらも、代謝を良くすることがポイントになります。
大量に摂り過ぎるとかえって傷はケロイド化することもあり、傷の治りが悪くなるとも言えます。
そうそう食事だけでコラーゲンを摂り過ぎることはないので神経質になることはありませんが、摂取量には気を付けてくださいね。

 

また、コラーゲンにも種類があり、ものによって効果には違いがあります。
自然治癒力を高める目的でしたら、「V型コラーゲン」が役立ちます。といっても、V型コラーゲンはケガをしたときに真っ先に生成されるもので、最終的にはT型コラーゲンに変化する特徴があります。
このように体内で作られるのが理想的であり本来の仕組みですが、加齢とともにコラーゲン量は減っていくので、サプリメントを活用して取り入れていきましょう。

 

骨にとっては、コンドロイチンとコラーゲンの組み合わせたベストです。
これらの成分は互いに協力し合うので相乗効果を発揮してくれます。