MENU

コラーゲンで骨を強化する!

コラーゲン

コラーゲンはタンパク質の一種で、美肌以前に健康のために欠かせません。
人の体は細胞と細胞とが結びついて構成されています。この構成に主にタンパク質が関わっています。
そのタンパク質のひとつ、人のコラーゲンは約30種類ほどあり、組合せによって効果の発揮力に違いがあります。

 

皮膚や骨にとっては「T型コラーゲン」、軟骨にとって「U型コラーゲン」というタイプが有効です。

 

骨にとってはカルシウムが必要不可欠なことはご存知ですよね。
だから、骨を丈夫にするために積極的にカルシウムを補給している方も多いと思います。
ですが、実際はカルシウムの補給だけでは、思うように骨が強化されないことが分かっています。
そこで必要になってくるのが、コラーゲンの力です。コラーゲンなしでは、骨に必須のカルシウムを力を発揮しないことが分かっています。
いわば、コラーゲンは骨の柱、基盤のようなものです。
そのコラーゲンが補給されていなければ、カルシウムなどその他の栄養素も摂っても発揮されません。

 

コラーゲンで骨を強化する!

 

また、コラーゲンは年齢を重ねるにつれて減少してしまうので、加齢とともに骨がもろくなってしまいます。
骨密度が低下すると、骨粗しょう症などを起こしやすくなり、関節に痛みを感じるなど、さまざまなトラブルが起きてしまいます。
このような骨の老化を抑えるためにも、コラーゲンの補給は重要になります。

 

ちなみに骨の元になる9割がコラーゲン、残りは非コラーゲン性タンパク質と言われています。このような割合からも分かるように、骨密度を高めるためにはコラーゲンは必要不可欠なのです。

 

コラーゲンは熱に弱く溶けだす作用があるため、鶏肉などを煮込んだときにできる「煮氷」がコラーゲンの塊です。しかし、煮氷を毎日食べることはできませんし、正直カロリーも気になるところです。

 

そこでオススメなのがコラーゲンサプリメントです。
とくに低分子のコラーゲンは吸収されやすいので、その分、効果にも期待できます。
コラーゲンペプチドなら体に吸収されやすく、骨密度アップに効果的です。
また、骨密度を高めるためには、コラーゲンと一緒に柑橘系の管門を摂ったり、その他の栄養素も摂ることで効果的に骨密度を強化することができます。

 

骨密度が低下する原因とは?

コラーゲンを補って骨密度を強化する前に、骨密度が低下する原因を確認しておきましょう。
まず、古くなった骨は新しい成分によって修復・再生されます。これを新陳代謝が行っているのですが、代謝が崩れると骨も古い骨が残ってしまい、骨密度は定価してしまいます。

 

たとえば、「ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸」が不足したときに活性酸素が発生し、骨密度が低下すると言われています。同じように、タンパク質の老化およびコラーゲンの糖化なども原因のひとつです。

 

骨密度が低下する原因を知ったうえで、それでは対策に進みましょう。

 

骨密度を維持するための基本は、食生活にあります。
「規則正しい食生活」を今一度改めて考えてみましょう。
栄養バランスをよく摂ることがポイントで、ビタミンB6・B12、葉酸、ビタミンC、コラーゲンなどを取り入れると効果的です。
逆に、ジャンクフードやインスタント食品は代謝が低下するので、なるべく摂取は控えるなど、食生活を見直しましょう。